「自治基本条例」の定義


有識者による「自治基本条例」の定義は、次のとおりです。

「(市民が)自治体政府に対して信託している内容を明示したもの」

地方自治総合研究所 辻山幸宣

「独自の政策・制度策定をめぐる個別条例、個別施策についての枠組法」

法政大学名誉教授 松下圭一

「自治体としてのアイデンティティ」

「住民自治・市民自治の制度的担保措置」

九州大学大学院法学研究員教授 木佐茂男

「まちの憲法」

国際基督教大学教授 西尾勝

「総合計画や他の条例より上位に位置し、これらに指針を与えるもの」

「自治体運営のルール」

中央大学教授 佐々木信夫

「自治体の憲法」

明治大学教授 牛山久仁彦

「条例、規則や自治体運営の基本」

自治基本条例は、憲法の理念*をヒントに、
 @自治の主体は市民であること
 A自治体は市民の信託に基づき成立すること
を明確にするものです。
*主権が国民に存することを宣言…そもそも国政は、国民の厳粛な信託によるものであって、その権威は国民に由来し、その権力は国民の代表者がこれを行使し、その福利は国民がこれを享受する。」(日本国憲法前文)